何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

公認心理師とは

公認心理師とは

公認心理師は平成29年9月に施工された公認心理師法の成立において新たに制度化された日本初の心理職の国家資格です。

以下、厚生労働省に記載されている「公認心理師とは」に記載されている公認心理師の定義をご紹介します。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

  1. (1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  2. (2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  3. (3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  4. (4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

上記が公認心理師の定義であり、心に関する専門家として新設された資格で、今までは臨床心理士(民間資格)のみでしたが、公的に認められた資格として今後取得者が増加していくことでしょう。

公認心理師って何人いるの?

現在約4.2万人が公認心理師資格を取得されています。

毎年約1万人が合格しており、今後徐々に公認心理師の資格保持者は増加していくことが予想されます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です