【PR】24時間365日相談可能のオンラインカウンセリング【エキサイトお悩み相談室】

公認心理師とは【なるための方法・なった後の働き方について】

公認心理師について

公認心理師は、日本の法令に基づいて認定された心理専門家です。

公認心理師は、心理学の分野で専門的な知識と技能を持っており、心理的な問題やトラブルを解決するために人々を支援することができます。

公認心理師になるためには、日本の国家試験を受験し合格する必要があります。

公認心理師とは

公認心理師は平成29年9月に施工された公認心理師法の成立において新たに制度化された日本初の心理職の国家資格です。

以下、厚生労働省に記載されている「公認心理師とは」に記載されている公認心理師の定義をご紹介します。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

  1. (1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  2. (2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  3. (3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  4. (4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

上記が公認心理師の定義であり、心に関する専門家として新設された資格で、今までは臨床心理士(民間資格)のみでしたが、公的に認められた資格として今後取得者が増加していくことでしょう。

公認心理師って何人いるの?

現在約4.2万人が公認心理師資格を取得されています。

毎年約1万人が合格しており、今後徐々に公認心理師の資格保持者は増加していくことが予想されます。

公認心理師に向いている人は?

公認心理師に向いている人としては、心理学の専門知識を持っており、人々の心理的な問題やトラブルを解決するために支援することができる人が挙げられます。

また、倫理的な基準を持っており、人々を尊重し、プライバシーを尊重することができる人も向いていると言えます。

また、聞き手やクライアントとのコミュニケーション能力があり、分析的な考え方ができる人も適しています。

公認心理師になるには

公認心理師になるには、まず心理学の学位を取得する必要があります。心理学の学位を取得するためには、大学や大学院で心理学を専攻する必要があります。

また、心理学の学位を取得した後では、日本の国家試験を受験し合格する必要があるため、学位取得後は試験合格に向けた準備が必要になります。

試験に向けての備えとしては過去問で学ぶのが良いため、以下の問題集のような書籍を元に学ぶことをおすすめします。

created by Rinker
翔泳社
¥4,070 (2024/07/19 15:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

公認心理師になるとどんな仕事ができるの?

公認心理師になると、心理学の専門家として様々な分野で仕事をすることができます。

具体的な例としては、精神科医やカウンセラーとして働くことが挙げられます。

また、企業や組織での心理的なトラブルの解決や、教育や社会保障の分野での心理学的な支援など、多岐にわたる業務があります。

公認心理師になった方の就職先は?

公認心理師になった方の就職先は様々です。

公認心理師としての専門家として、医療機関や精神科クリニックなどで働くことができます。

また、企業や組織内での心理的な問題の解決や、教育や社会保障の分野での心理学的な支援など、様々な分野で活躍することができます。

公認心理師になった方は、自分の専門領域や興味・関心の分野に合わせて、幅広い業界で働くことができます。

公認心理師は社会の役に立つ仕事?

公認心理師は、社会で抱える様々な問題やトラブルの解決に役立つ仕事をします。

人々が心理的な問題やトラブルに直面する際には、公認心理師が支援することで、問題を克服したり、ストレスや不安を解消したりすることができます。

そのため、社会においても非常に重要な役割を担っていると言えます。

公認心理師として開業はできる…?

公認心理師の開業は、当然ですが日本の法令に基づいて認められています。

そのため、公認心理師として、独立して心理学の専門家として働くことができます。

既に公認心理師としてカウンセリング事業を営まれている方が多くいらっしゃるため、その方にお話を聞いてみるのが良いかもしれません。

開業されている方の多くの方がお悩みになる問題として、開業後の集客にお悩みになる方が多くいらっしゃいますが、昨今の労働環境の多様化により精神的な苦労も多くなっており、カウンセリングの利用者は増加傾向にあります。

こうした利用者に適切にアプローチし、課題解決を繰り返していくことで開業後しばらくは苦労するかもしれませんが、着実に支援してくださる方が増え、利用者の獲得という観点での悩みも解決されていくことでしょう。

また、公認心理師として開業した場合に重要なのが個人情報の取り扱いです。

当然のことながら適切な倫理的な基準を持っており、クライアントや聞き手を尊重し、プライバシーを守ることが求められますので、個人情報の取り扱いなどには十分な注意が必要です。

公認心理師として開業するとどんなメリットがある?

公認心理師として開業することには、様々なメリットがあります。

まず、公認心理師としての専門家として、独立して働くことができるため、自分のスケジュールや作業内容を自由に調整することができます。

また、開業することで、自分のキャリアを積むことができるため、自身のキャリアアップにも繋がります。

さらに、開業することで、自分の専門領域や興味・関心の分野に合わせて、業務内容を自由にカスタマイズすることができるため、自己実現ややりがいを得ることができます。

多くのメリットを享受できるため、公認心理師の資格取得後は独立開業を目指して様々な環境で経験を積むもよし、また金銭的な不安が少ない方は資格取得後すぐに開業をしても良いかもしれません。

まとめ

公認心理師は素晴らしい仕事です。

今まさに公認心理師として働かれている方は誇りを持って、この仕事を継続していただきたいと思いますし、公認心理師になりたい!という方は是非その思いを持ち続け、様々な人の心の豊かさを育むためにサポートいただきたいと思います。

今後さらに心の悩みは複雑化していくことが予想されます。

その際に人間が自分自身で解決することが困難になります。

そうした時にそっと寄り添い、コミュニケーションを取って解決していく公認心理師が必要とされる機会が増えてくると思います。

心の悩みというお悩みを抱える方本人が、解決策が見えない課題を解決に導くことができた時に非常にやりがいを感じるこの公認心理師という仕事に興味をお持ちになった方は、是非少しでも参考書やご自身が手にとってみやすい書籍などをご覧いただき、学んでみていただけると幸いです。

created by Rinker
¥1,515 (2024/07/19 15:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です